武蔵野Sで控えるも味がなかったノボバカラ。

やはり右回り・逃げ、は真骨頂。

そういう意味ではコーリンベリーは初中山がこたえたのか。

せっかく好スタートをきったのに控えたのはなぜなのか。

ヤネ含め、1番人気で購入してはいけない馬なのかもしれません。

 

ノボバカラ騎乗の内田博幸騎手は昨年のキクノストームに続く連覇。

珍記録となりました。

武蔵野Sは負けたとはいえ、能力的に東京コースでもやれる馬、だと個人的に思っているけれど、使わないんだろうなフェブラリーS。

 

ハナは譲らん!

という強い意志で勝利をもぎとったともいえる渾身の騎乗はこちらから。

www.youtube.com